• HOME
  • (受給事例一覧に戻る)
 

受給事例(うつ病、事後重症で障害基礎年金2級の受給に成功したケース)

1 相談に来られた時の状況

12年ほど前大学生の頃、進学問題の悩み等によりうつ状態が出現。
頭痛、睡眠障害、抑うつ気分、不安感、等の症状が現れた。進路が決まり、一時は軽快したものの、肉親の死と就職問題に直面し再発。
次第に症状が悪化し、労務不能になる。

 

主な症状

頭痛、睡眠障害、抑うつ状態、情緒不安定で、一日自宅にこもっていることがほとんどである。

 

2 北村社労士による見解

典型的うつ病の症状を呈しており、症状も比較的重いことから障害基礎年金2級の可能性があると判断しました。

 

3 受任してから申請までにやったこと

3-1 初診日証明、診断書作成のサポート

初診日証明と診断書について、医師との連携が必要かと判断し、本人の了解を得て医師との連絡を取りながら、作成を進めていきました。
医師が協力的に対応してくれたおかげで、診断書もスムーズにとることができました。
最近の自宅での重い時の症状をレポートにしてご本人に持って行っていただいたのも功を奏しているのではないかと考えます。

 

3ー2 申立書作成上のサポート

何回かお目にかからせていただき、ご本人の訴えたいことをきちっと聞き取って申立書に落としていきました。

 

4.結果

ご本人のご協力もあって、2カ月程度の期間で障害基礎年金2級の認定決定通知書が届き、80万円を受給することができました。ご本人も大変喜んでおられました。

 

(受給事例一覧に戻る)

(最近のサポート実績一覧を確認するにはコチラをクリック)

 

受給事例(除細動器設置手術により障害厚生年金3級の受給に成功したケース

1 相談に来られた時の状況

朝自宅で倒れる。心肺停止状態で救急搬送。心筋梗塞と判明。検査の結果、心機能の低下を認め、ICD埋め込みを施行。

 

2 北村社労士による見解

ICD埋め込み型除細動器設置手術のため、労務に大きく影響が出るものと考え、 3級に該当する可能性が高いと判断

 

3 受任してから申請までにやったこと

3-1 初診日作成のサポート

何度かご本人、奥様とご一緒にお会いして、経過を事細かに聞き取り、先生に診断書を書いていただくお願いをしていただく際の注意点などをお話しさせていただきました。

 

3ー2 申立書作成上のサポート

聞き取りした内容をもとに、診断書に反映されにくい日常の状況等を中心に申立書を作成させていただきました。

 

4.結果

ご本人のご協力もあって、スムーズに決定がおりました。申請から4か月後に障害厚生年金3級の認定決定通知が届きました。



(受給事例一覧に戻る)
 

(最近のサポート実績一覧を確認するにはコチラをクリック)

 

 


(受給事例一覧に戻る)