• HOME
  • 障害認定日に障害等級に該当しないと一生もらうことは出来ませんか?

障害認定日に障害等級に該当しないと一生もらうことは出来ませんか?

質問

障害認定日に障害等級に該当しないと一生もらうことは出来ませんか?
 

答え

障害認定日に障害等級に該当しない場合であっても、その後怪我や病気の症状が重くなった場合には、障害年金を請求することができます。
これを
事後重症といいます。
ただし、請求は65歳の誕生日を過ぎてしまうと請
求することは出来ません。

 

また、別の体の部位に別の障害が発生した場合には、先に起こった障害と後で起こった障害を合わせて認定してもらうこともできます。
 

障害年金Q&A

ここでは、日々お客様から受ける障害年金に関する質問にお答えします。
障害年金制度は、非常に複雑でわかりづらい制度ですから、ここでわかりやすく解説できればと思います。

 

⇒Q&A 質問一覧に戻る


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg