• HOME
  • 障害の認定はいつ行うのですか?

障害の認定はいつ行うのですか?

質問

障害の認定はいつ行うのですか?
 

答え

障害の原因となった怪我、病気の初診日から1年6か月たった日、またはその間に治った場合は、治った日が障害認定日になります。
 
次のような病気の場合には、1年6か月前でも認定されます。

外傷により手足を切断した場合…切断した日
心臓のペースメーカー・除細動器を挿入した場合…挿入した日
人工透析…人工透析を開始してから3か月を経過したとき
人工肛門…人工肛門を造設したとき
人工膀胱・尿路変更術…施行したとき
在宅酸素療法…在宅身酸素療法を開始した日
喉頭全摘出…摘出した日
気管切開下での人工呼吸器使用…使用開始から6か月経過した日
胃ろう等の恒久的措置実施…措置実施から6か月経過した日
⑩ 人工関節、人工骨頭挿入置換…実施した日
 

障害年金Q&A

ここでは、日々お客様から受ける障害年金に関する質問にお答えします。
障害年金制度は、非常に複雑でわかりづらい制度ですから、ここでわかりやすく解説できればと思います。

 

⇒Q&A 質問一覧に戻る


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg