• HOME
  • 障害者手帳の申請

障害者手帳の種類

障害者手帳には、障害に応じて3種類の手帳があります。
これらの手帳を取得することにより、障害の程度に応じて福祉サービスが受けられる範囲が異なります。

 

障害の認定につきましては、医師の診断や専門家の審査・判定等により障害者手帳の交付が決定されます。

 

1.身体障害者手帳

先天的、後天的疾病や事故等により、本来人間が持っている機能が損なわれ、日常生活に支障が生じている方が交付対象

 

2.療育手帳

生後から18歳未満の間に知的障害(知能指数がおおむね75以下)が現れ、日常生活に支障が生じている方が交付対象

 

3.精神障害者保健福祉手帳

精神障害のため、長期にわたり日常生活または社会への制約があり、精神障害により障害者年金を受けている方、または精神障害のため6ヶ月以上の通院している方が交付対象

また、自立支援医療費の申請(医療費自己負担3割が1割に軽減される)を同時に行うことが可能


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg