• HOME
  • 血液・造血の傷病で障害年金をとる基準
 

血液・造血の傷病で障害年金をとる基準

血液・造血器疾患による障害の程度は、次のように認定されています。

血液・造血器

1

A表Ⅰ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅰ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅰ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅰ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のオに該当するもの

2

A表Ⅱ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅱ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅱ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅱ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のエ又はウに該当するもの

3

A表Ⅲ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、かつ、B表Ⅲ欄に掲げる1から4までのうち、3つ以上に該当するもの(ただし、溶血性貧血の場合は、A表Ⅲ欄に掲げるうち、いずれか1つ以上の所見があり、B表Ⅲ欄の1に該当するもの)で、かつ、一般状態区分表のウ又はイに該当するもの

 

A表

1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお高度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの

2 輸血をひんぱんに必要とするもの

1 治療により貧血改善はやや認められるが、なお中度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの

2 輸血を時々必要とするもの

1 治療により貧血改善は少し認められるが、なお軽度の貧血、出血傾向、易感染症を示すもの

2 輸血を必要に応じて行うもの

B表

1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) ヘモグロビン濃度が7.0gdl未満のもの,(2) 赤血球数が200万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 白血球数が1,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が500/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 有核細胞が2万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が15/μl未満のもの,(3) リンパ球が60%以上のもの,(4) 赤芽球が5%未満のもの

1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) ヘモグロビン濃度が7.0gdl以上9.0gdl未満のもの,(2) 赤血球数が200万/μl以上300万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 白血球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が500/μl以上1,000/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl以上5万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 有核細胞が2万/μl以上5万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が15/μl以上30/μl未満のもの,(3) リンパ球が40%以上60%未満のもの,(4) 赤芽球が5%以上10%未満のもの

1 末梢血液中の赤血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) ヘモグロビン濃度が9.0gdl以上10.0gdl未満のもの,(2) 赤血球数が300万/μl以上350万/μl未満のもの

2 末梢血液中の白血球像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 白血球数が2,000/μl以上4,000/μl未満のもの,(2) 顆粒球数が1,000/μl以上2,000/μl未満のもの

3 末梢血液中の血小板数が5万/μl以上10万/μl未満のもの

4 骨髄像で、次のいずれかに該当するもの

(1) 有核細胞が5万/μl以上10万/μl未満のもの,(2) 巨核球数が30/μl以上50/μl未満のもの,(3) リンパ球が20%以上40%未満のもの,(4) 赤芽球が10%以上15%未満のもの

 

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が決定しています。
この判断を「裁定」といいます。
 

障害年金の等級

眼の傷病で
障害年金をとる基準
耳の傷病で
障害年金をとる基準
そしゃく・嚥下・言語の傷病で
障害年金をとる基準
心臓の傷病で
障害年金をとる基準
呼吸の傷病で
障害年金をとる基準
腎臓の傷病で
障害年金をとる基準
肝臓の傷病で
障害年金をとる基準
肢体(身体)の傷病で
障害年金をとる基準
肛門・直腸・泌尿器の傷病で
障害年金をとる基準
精神の傷病で
障害年金をとる基準
糖尿病の傷病で
障害年金をとる基準
血液・造血の傷病で
障害年金をとる基準
がんの傷病で
障害年金をとる基準
てんかんの傷病で
障害年金をとる基準
AIDSの傷病で
障害年金をとる基準


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg