• HOME
  • 肛門・直腸・泌尿器の傷病で障害年金をとる基準

肛門・直腸・泌尿器の傷病で障害年金をとる基準

肛門・直腸・泌尿器の障害についての障害年金は、下記のように認定されます。

1

・肛門、直腸・泌尿器で1級に該当する明確な基準なし

2

・人工肛門を造設し、かつ新膀胱または尿路変更術を施したもの

・人工肛門を増設し、かつ完全排尿障害状態にあるもの。(完全排尿障害状態とはカテーテル留置または自己導尿の常時施行を必要とする状態をいう)

3

・人工肛門を造設したもの

・新膀胱を造設したもの、または尿路変更術を施したもの


 

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が決定しています。
この判断を「裁定」といいます。

障害年金の等級

眼の傷病で
障害年金をとる基準
耳の傷病で
障害年金をとる基準
そしゃく・嚥下・言語の傷病で
障害年金をとる基準
心臓の傷病で
障害年金をとる基準
呼吸の傷病で
障害年金をとる基準
腎臓の傷病で
障害年金をとる基準
肝臓の傷病で
障害年金をとる基準
肢体(身体)の傷病で
障害年金をとる基準
肛門・直腸・泌尿器の傷病で
障害年金をとる基準
精神の傷病で
障害年金をとる基準
糖尿病の傷病で
障害年金をとる基準
血液・造血の傷病で
障害年金をとる基準
がんの傷病で
障害年金をとる基準
てんかんの傷病で
障害年金をとる基準
AIDSの傷病で
障害年金をとる基準


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg