• HOME
  • 呼吸の傷病で障害年金をとる基準
 

呼吸の傷病で障害年金をとる基準

障害年金において自分がどの階級に該当するかをご確認ください。
呼吸不全とは、原因がいかなるものであれ、動脈血ガス分析値、特に動脈血O2分圧と動脈血CO2分圧が異常で、それに伴って生体の機能が正常に営むことができなくなった状態を言います。

呼吸不全による各等級に相当すると認められるものを一部例示すると次のようにまとめられます。

呼吸不全 

1

下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が高度異常を示すもので、

かつ、身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られるものに該当するもの

2

下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が中等度異常を示すもので、

かつ、「身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となったもの」、または「歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの」に該当するもの

3

下記の「動脈血ガス分析値の表」及び「予測肺活量1秒率の表」の検査成績が軽度異常を示すもので、

かつ、「歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居しているもの」、または「軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの

 

動脈血ガス分析値

区分

検査項目

単位

軽度異常

中等度異常

高度異常

1

動脈血O2分圧

Torr

7061

6056

55以下

2

動脈血CO2分圧

Torr

4650

5159

60以上

 

予測肺活量1秒率

検査項目

単位

軽度異常

中等度異常

高度異常

予測肺活量1秒率

4031

3021

20以下

 

 

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が決定しています。
この判断を「裁定」といいます。
 

障害年金の等級

眼の傷病で
障害年金をとる基準
耳の傷病で
障害年金をとる基準
そしゃく・嚥下・言語の傷病で
障害年金をとる基準
心臓の傷病で
障害年金をとる基準
呼吸の傷病で
障害年金をとる基準
腎臓の傷病で
障害年金をとる基準
肝臓の傷病で
障害年金をとる基準
肢体(身体)の傷病で
障害年金をとる基準
肛門・直腸・泌尿器の傷病で
障害年金をとる基準
精神の傷病で
障害年金をとる基準
糖尿病の傷病で
障害年金をとる基準
血液・造血の傷病で
障害年金をとる基準
がんの傷病で
障害年金をとる基準
てんかんの傷病で
障害年金をとる基準
AIDSの傷病で
障害年金をとる基準


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg