• HOME
  • 眼の傷病で障害年金をとる基準
 

眼の傷病で障害年金をとる基準

障害年金において自分がどの階級に該当しているかを把握しておくことはとても大事です。
眼の障害は、主に視力・視野障害について次の基準により、1級~3級が決まります。

1級

・両眼の視力の和が0.04以下のもの

2級

・両眼の視力の和が0.05以上0.08以下のもの。

・両眼の視野が5度以内のもの。

3級

・両眼の視力が0.1以下に減じたもの。


補足
※視力の数値は、屈折異常のあるものは、眼科的に最も適正な常用し得る矯正眼鏡またはコンタクトレンズによって得られた矯正視力による数値、眼内レンズを挿入したものについては挿入後の矯正視力による数値により認定されます。
※矯正が不可能なものについては、裸眼視力により認定されます。
※両眼の視力とは、両眼視によって得られた視力ではなく、左右の視力を別々に測定したものをいいます。
※両眼の視力の和とは、左右の視力を別々に測定した数値を合算したものをいいます。
※視力障害と視野障害が併存する場合は、併合認定されます。

障害年金の等級

障害等級は日本年金機構の認定医が決定しています。
この判断を「裁定」といいます。

 
 

障害年金の等級

眼の傷病で
障害年金をとる基準
耳の傷病で
障害年金をとる基準
そしゃく・嚥下・言語の傷病で
障害年金をとる基準
心臓の傷病で
障害年金をとる基準
呼吸の傷病で
障害年金をとる基準
腎臓の傷病で
障害年金をとる基準
肝臓の傷病で
障害年金をとる基準
肢体(身体)の傷病で
障害年金をとる基準
肛門・直腸・泌尿器の傷病で
障害年金をとる基準
精神の傷病で
障害年金をとる基準
糖尿病の傷病で
障害年金をとる基準
血液・造血の傷病で
障害年金をとる基準
がんの傷病で
障害年金をとる基準
てんかんの傷病で
障害年金をとる基準
AIDSの傷病で
障害年金をとる基準


障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg