関係者に誤解が多い

障害年金の存在を知って、請求をしようと考えた人がまず頼りにするのは、
年金事務所の相談員や医師です。

年金事務所の相談員はよく相談にのってくれますが、彼らが最も関心を持っているのは、
事務的に書類が完成しているかどうかなのです。

しかも、障害年金について詳しく知らない職員も多くいます。
そのため、年金事務所で的確な相談を得られずに年金請求を断念するケースや、
請求をしても不支給になるケースがあります。

医師も障害年金について誤解していることが多くあります。
医師は医学部で医学については勉強していますが、
障害年金についてまったく関心もないまま、数々の診断書の作成が仕事になるわけです。

しかも障害年金の診断書ほど面倒なものはなく、精神の障害の診断書はその中でもカルテに書かれていない項目が多く、特に大変なものです。

ほとんどの医師は障害年金の診断書について基本的なことを学ぶ機会もないままに、
先輩からの指導や自分の体験をベースとした自己流で診断書に望んでいるのです。

したがって、障害年金の受給について極端に厳しい態度をとる医師がいる反面、
障害年金の受給を積極的に進める医師もいます。

いずれにしても、的確な知識がないままに障害年金の診断書を作成している医師が
多いことは間違いありません。
問題なのが、その医師の診断書が障害年金の受給に大きく関わっていることなのです。