1.障害年金の認知度が低く、制度自体を知らない人が多い

公的年金といえば、「老齢年金」と考える人がほとんどです。
障害年金に対して、全くその存在を知らないという人がほとんどなのです。

障害年金を知るきっかけというのは、実際に障害を負ってしまい、
何か支援してもらえるのではないかと調べまわった果てに、
やっと障害年金にたどり着く方が多いのです。

受給可能な条件が整っているにもかかわらず、障害年金を請求しない人が数多くいます。

また、保険料を期間内に納めていないと、
保険料納付要件を満たさないために、当該傷病での障害年金は生涯にわたって受給できないのです。



障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg