• HOME
  • 障害年金とは
 

障害年金とは

障害年金は、国民年金法が指定する障害の状態になった場合に支給され、その障害の状態が軽くなったり、治った場合は原則として受給権が消滅します。
 
また、障害年金の「認定」は請求してみない限りお客様が受給できるかどうかの判断ができませんので、請求後にしか受給の可否はわかりません。
 
障害年金で重要になるのは、その障害に関わる診断の中の初診日がいつになるかです。
その初診日から原則として1年6ヶ月後に障害の状態を判断し、国民年金法が定める障害の状態にあれば「障害」に認定となります
そして、認定された日が受給権の発生日となるため、認定されて始めて、受給権が発生します。
 
ここまででも分かるように、一言に障害年金といっても受給するためには、個人で申請、受給までを全て行うのは大変手間が多く困難なものです。
また、受給者自身は障害認定をされているので、何かしらの不自由があるため、一連の流れを行うには労力を要します。
 
不自由な方を救う目的のものなのに受給するためには、難しい手続きが必要・・・
私たちは、受給資格はあるのに、受給できない方の手助けになりたいと考えています。
 

障害年金の基礎知識についての詳細はこちら

障害年金の基礎知識

障害年金の種類

特別障害者手当
女性テキスト.png



障害年金についての詳しい内容はこちら

障害年金とは 障害年金の認定方法 障害年金の必要書類
障害年金の種類 障害年金の等級 障害年金のポイント
障害年金の受給要件 障害年金の受給額 業務のながれ
請求時の注意点 特別障害者手当 当事務所に頼むメリット

ImgTop16.jpg


image03.jpg ImgTop13.jpg ImgTop14.jpg